台湾親日の理由

Tags: , ,

Category: Taiwan

2012年12月17日 場所:台湾、台北 時差:日本時間 -1時間

This blog post is also available in English.

 

台湾に来てからずっと、台湾の人の日本に対する温かさが不思議でした。

お店には日本の商品が多く並び、街中の看板や広告にさえ日本語が使われ、日本のテレビ番組や音楽が人気で、日本語を学ぶ人が多い。

私が日本人だというと、途端に好感を持ってもらえるのは、決して気のせいではないと思うのです。

 

でも、日本は1895年から1945年まで50年間の間台湾を統治していたわけで、植民地でなかったとはいうものの、日本に対して良い感情を持たないのが自然ではないかと思うのに、彼らは反日どころか、親日。

もちろん蒋介石が親日だったことが理由とも言えますが、特に今韓国や中国で反日感情が高まっていても変わらない理由が、蒋介石だけとは思えないのです。(実際、蒋介石に対しても台湾の人々の意見はさまざま。)

 

そんな疑問に、何人かの方々が答えてくださいました。恥ずかしながら歴史をしっかりと学んでいるとはとても言えない私ですが、すごく納得できたので、意見をシェアしてくれた彼らへの感謝を込めて、個人の意見としてシェアします。

 

日本統治による台湾での変化

日本統治時代、当然のことですが、台湾はあらゆる側面で大きな変化を遂げました。本当に様々な意見がありますが、当初まだ日本ほど発展していなかった台湾が大きく変化したのが、この50年間だと言われ、その発展が「日本のおかげ」であるという発想が、親日の理由のひとつだという意見が多くありました。

 

言語

台湾の原住民族はそれぞれ敵対意識が強くて親交はなく、そのため話す言語もそれぞれの民族によって異なりました。また、文字もないと言われています。

お互いにコミュニケーションをとれないことが争い合いの理由でもあるとされ、日本統治時代に教育を浸透させ、国語として日本語という共通言語を確立させたことに対して感謝をする人々が多いと言われています。

 

時間、ルール、衛生管理

言語とはまた別に、日本が台湾に浸透させたのがこの3つだと伺いました。

時間を守ること、ルールを守ること(法制)、そして衛生管理。

衛生管理はもちろん重要ですが、他の2つの善悪は別として、これが本当だとすると、現在の台湾の大きな基礎になっていることは間違いないかと思います。

 

鉄道

都市整備と交通改善において、日本が最も重要視したものが鉄道建設だと言われています。

特に山が多い(大きな山脈が5つあり、なんと3000m以上の山が293もあるのです!)台湾は、移動が困難でした。日本統治時代の鉄道建設により、例えばそれまで数日間費やしていた移動が1日で可能になるなど、空間革命を起こしたと言われています。

 

その他にも統治時代に日本が用いた技術、浸透させたものは数知れず、その多くが現在でも残っています。社会改善事業として行われたアヘン対策も、そのひとつです。

 

でも、まだ納得するにはちょっと足りない。日本が統治しなかったらどうなっていたかなんて、憶測でしか話すことができないわけで、もしかしたら日本が統治しなかったら、もっと良い形になっていたと言うこともできます。

それに何より、台湾の人々の生活水準が上がったと言われるものの、統治が完全スムーズにいくことはなく、そこには数えきれない程の犠牲者が出ているのです。

 

中国統治との比較

1945年、日本は第二次世界大戦に敗戦。そして台湾は中華民国により接収されることとなりました。

この際、それまでの日本の統治で整えられていた多くのものごとが中国の侵入により荒らされてしまい、人々は苦労したと伺いました。そして「日本統治時代の方がよかった」という感情が生まれ、中国と比べることで日本が良く見えたと言うのです。

人は誰でも環境が変わると戸惑うもので、つい慣れたものに対して良く感じてしうことが多々あります。実際の暮らしがどのように変わっていたのかなど、まだ調べられていないのでなんとも言えませんが、人々の感情としては、私はこれで大いに納得ができました。

 

もちろん、親日政策など他にもあらゆることが影響して今の状況があるのだと思うし、また台湾の人々の誰もが親日とは思いません。

伺った話では、特に台湾の医師や企業トップなど、いわゆる「インテリ」と言われる方々が特に日本に感謝の気持ちを抱いているということで、3.11の大震災でも台湾からの膨大な寄附の多くは、そのような個人の人々と、例えば企業トップによる指示でその会社で働く人々のお給料から自動的に義援金が引かれた、ということも多くあったようです。

 

私にとって親日でいてもらえることは本当にありがたいことで、もっと私の好きな日本を好きになってもらいたいな、と思います。

でもそれをただの事実としてありがたく受け止めるだけでなく、その背景を理解して、自分なりに考えることが大切だと思うのです。

 

一人ひとりが、このような事実に対して向き合うことができたら、今の領土問題などについても、きちんと意見を持てるようになるんじゃないかな、なんて考えています。

 

 

 

お問い合わせ


Success! お問い合わせの送信が完了しました

ERROR: Please enter your name.

ERROR: Please enter a valid email.

ERROR: Please enter a valid phone number.

ERROR: Please enter your message.
ERROR: Sorry, something went wrong.

最新の記事

行って来たよ!Gili Meno

英語を「教える」?

バリのお葬式

Category

Bali
How to
iikata.com
Language
Taiwan
Translation

お問い合わせ



Success! お問い合わせの送信が完了しました

ERROR: Please enter your name.

ERROR: Please enter a valid email.

ERROR: Please enter a valid phone number.

ERROR: Please enter your message.
ERROR: Sorry, something went wrong.
×